悪玉菌とは何か

悪玉菌とは何か

もともと人体に存在している菌があります。その中には善玉菌と悪玉菌があります。
ではこの2つ、何が違うのかを簡単に述べると、善玉菌が多く機能すると、健康的な体になります。

 

逆に悪玉菌が多いと、便秘を始め様々な症状を引き起こします。これらはよく知られていることです。

 

では、そもそも悪玉菌とは何を指すのでしょうか。

 

悪玉菌の実情を知らなければ、体の中にある菌は良い菌だと思う人もいるでしょう。
しかし、実際は人体に悪影響を及ぼす菌もあります。それが悪玉菌です。
主に、便の臭いをきくつする、便秘・下痢などの排便トラブル、肌トラブル等の症状が出ます。

 

普段は善玉菌の数が悪玉菌の数より多いのですが、善玉菌が減少することで悪玉菌が活発になります。
そして、腸内環境の悪化、ひいては体全体の不調を引き起こすのです。
そのような「体にとって良くない菌」を悪玉菌と言います。

 

悪玉菌と一言で言っても、沢山の種類があります。
大腸菌やブドウ球菌は皆さん聞いたことがあると思います。
とても恐ろしい印象のある菌ですが、実は体には必要なものでもあります。
これらの恐ろしい悪玉菌でも、数が増えなければ人体に害はありません。

 

悪玉菌があるから、善玉菌が免疫力を向上させるよう作用します。
そして病気になりにくい体を作ってくれます。
その為、悪玉菌が全くなくなってしまうと、それに伴う問題も出てくるのです。