増殖した悪玉菌が腸内環境に与える影響

増殖した悪玉菌が腸内環境に与える影響

 

腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌が存在します。
腸内環境を健康に保つ為には、それらの菌のバランスよく存在することが大切なのです。

 

悪玉菌については体に悪影響を与えるものなので、体には必要のない、体内にあってはいけない菌だと思う方も少なくないでしょう。
しかし、実は悪玉菌はある程度の数が必要なものです。
確かに悪玉菌が増えると、腸内環境に悪影響を及ぼすので増えすぎるのは良くないことです。
ですが、全くなくなってしまうと、善玉菌の働きでせっかく上がった免疫力が下がってしまいます。
その為、悪玉菌がゼロになるという状態は良くないのです。

 

上記から、絶妙なバランスの上に、体の健康が保たれていることがお分かり頂けたでしょうか。
では、悪玉菌が増えすぎると実際にはどのような状態になるのでしょうか。

 

増えすぎた悪玉菌によって、排便の不調など腸内環境は大いに乱れてしまいます。
悪玉菌が増える過ぎることで、排便が難しくなり、腸内に便が滞留します。
また、善玉菌も減ってしまい、免疫力が低下します。
そして、日和見菌もやっかいです。
日和見菌は悪玉菌が優勢になることで、悪玉菌と同じ動きをし始めます。
その為、腸内環境の悪化を加速させる要因となります。

 

その他、発がん性物質やアンモニア等、人体に有害な物質も作り出します。
その影響で、便やおならの臭いも強くなってしまいます。

 

健康の維持には悪玉菌は必要なものですが、増えすぎるとこのような悪影響ばかりが出てしまいます。
現在、悪玉菌が増えつつあると感じている方は、早めに改善する努力をされることをお奨めします。
早く始めれば、それだけ早く健康な体に近づくことはできます。
「まだ大丈夫」と放っておいては改善されるどころか、悪化する可能性も多分にあります。
自分の体調に敏感になり、早期対策を取るよう心がけましょう。